よく寄せられる相続税のご相談 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • よく寄せられる相続税のご相談

よく寄せられる相続税のご相談 


第1位 相続税っていくらかかるの?

kininaru1.jpg

「うちの場合は相続税がかかるのだろうか?」
「相続税がどれくらいになるのかをしりたい」

相続サポートセンター東京に寄せられるご質問の中で一番多いのはやはり「相続税額」のことです。
相続税額を知る場合には、まずは相続財産の調査をし、財産の評価をすることから始まります。
特に相続税の申告の中でも、「土地の評価」については、様々な特例や評価減のポイントがあり、経験豊富な税理士でないと評価額に大きな差が出ることがあります。
当センターの過去の案件の中には、評価の際に固定資産税を払いすぎていたことが判明し、過去の固定資産税を取り戻せたこともあります。
つまり、相続税がいくらかかるかは、財産の評価方法によって大きく差が出るということです。
財産の評価はご自分でもある程度できますが、さらに評価額がさがるかもしれないとお思いの場合は、ぜひ相続経験の豊富な専門家にご相談ください。
相続サポートセンター東京では、「相続税概算シミュレーション」までを無料で行っております。
生前対策として相続税の概算をシミュレーションしておきたい、というご相談でもいいですし、すでに相続が発生している場合でも無料で行っております。

相続税概算シミュレーションについてはこちらをごらんください。


第2位 できるだけ税のかからないように準備したい

  kininaru2.jpg

相続税をできるだけかからないようにしたいんだけど…誰もが思うことだと思います。
相続税対策(相続税の節税対策)は、実際に相続があった時に納める税金をできるだけ少なくしようとするものです。
相続税対策は、多くの対策を組合せ、できるだけ早めに始めることにより大きな効果が得られます。
被相続人がお亡くなりになられる直前に、あわてて相続税対策を行うと失敗する可能性が高く、税務上のリスクが大きいといえます。

【ではどうすればいい??】
まずは、財産の確認と整理することから始まります。

ひと口に「相続対策」と言っても、財産や家族の状況によって必要な対策は個々に異なってきます。
たとえば、「空き地にアパート・マンションを建てる」「生前贈与」「養子縁組」等々よく耳にする対策手段は多くありますが、それはお客様のご事情・状況に本当に適しているのかはきちんと財産を確認(評価)し整理するところから始まります。

相続サポートセンター東京にご相談いただくと、

1) 現状を把握し、このままだとどのようになるのか。
2) 誰に何を遺したいのか。
3) 一番節税効果の高い対策はなにか。


を無料相談時にお客様と一緒に整理して、具体的な対策を行っていきます。
このように事前に整理しておくことにより、節税対策のみならず、資金対策、遺産分割対策にもなり、相続発生後もめることなく円滑に行うためにも非常に有効な手段となります。


第3位 相続税を減らす方法ってあるの?

 kininaru3.jpg

相続税を減らす方法ってあるの?という質問をお受けした時のお答えとしては

「相続税を減らす方法はあります。ただし条件があります。」ということです。

相続税を下げる一番の方法は、「土地の評価」を下げることです。
「土地の評価」については、様々な特例や評価減のポイントがあり、経験豊富な税理士でないと評価額に大きな差が出ることがあります。
土地というものは、単純に広さだけで値段が決まっているわけではありません。
公道に面していない土地はそれだけで評価が下がりますし、土地がいびつで売りにくい土地、活用しにくい土地も評価が下がります。
そういった確認を、さまざまな資料を用いて評価してみます。
それぞれの資料は似たような資料ではありますが、出来る限り評価を下げるためには、さまざまな資料を見比べてみることが大切です。

生前対策として有効なのは、「小規模宅地等の特例」です。
しかしこの場合の条件は、「同居していること」や「生計を一にしていること」などがあげられます。
被相続人と別居していた場合は、小規模宅地等の特例を適用することはできません。

他にも、相続税を減らす方法としては、「相続時精算課税選択の特例」や「連年贈与」などありますが、それぞれに条件があります。

相続サポートセンター東京にご相談いただくと、

1) 現状を把握し、このままだとどのようになるのか。
2) 誰に何を遺したいのか。
3) 一番節税効果の高い対策はなにか。


を無料相談時にお客様と一緒に整理して、具体的な対策を行っていきます。
このように事前に整理しておくことにより、節税対策のみならず、資金対策、遺産分割対策にもなり、相続発生後もめることなく円滑に行うためにも非常に有効な手段となります。

 


第4位 相続税はいつまでに支払わなければならないの?


相続税は、相続の開始があったことを知った日(基本的にはお亡くなりになった日)の翌日から10か月以内に、被相続人(お亡くなりになった方)の住所地の税務署に申告して納税します。


Point1【相続人が複数いても、まとめて申告が可能】
申告書を提出する人が2人以上いる場合には、共同で申告書を作成し連署して提出します。
相続人の間で争いがあったり、共同相続人の中に行方不明の人がいたりして連絡が取れない場合には、各自別々に提出することもできます。


Point2【相続税が0円でも申告が必要なケースがある】
相続税の基礎控除より多く遺産を相続した人は、相続税の申告をしなくてはなりません。
ですが、本来ならば基礎控除額より遺産総額が多い場合でも「配偶者の税額軽減措置」や「小規模宅地の特例」を適用する事により、基礎控除以下となり納税が0円になる場合があります。
このような特例を適用する場合は、明細書や所定の書類を添付した申告書を提出しなければならないので注意が必要です。


相続税の評価や計算は一般になじみがないうえに
特例を利用できる要件も複雑なので、見落としがないよう早めに専門家にご相談することをお勧めします。

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ